翻訳サービスを使い海外の方と交流~言葉の壁を限界突破~

business document

翻訳の必要性

技術翻訳では、意訳は好まれず、直訳が基本です。

business report

技術翻訳は、産業翻訳の一分野で、機械や電気、エネルギーやコンピューターの仕様についての文書を訳したり、企業間の交渉時に必要な文書を訳したりします。 一般的に言って、文芸作品などを翻訳する分野と異なり、産業翻訳の分野では意訳はどうしても必要な時のみに行われますが、技術翻訳の場合にはさらに直訳が好まれるという傾向があります。 これを翻訳する人の側から言えば、用語集があることや定訳が決まっている語についてはそれを知っておくことが必要と言えます。 意味が分からないと翻訳はしにくいものですので、理系の知識や技術系の実務経験がある人に特にお勧めの分野と言えます。 文系でバックグラウンドがない場合に、技術翻訳を行う場合には、ある程度翻訳の対象についての学習も必要になります。

技術系に強いエージェントもありますので必要に応じて検討すると良いでしょう。

特に英語の場合、大抵の翻訳者はコアになる分野を持っているものです。 これは技術翻訳の場合でも同様で、成功している技術翻訳者の中には、理系の大学を出た人などが多いのも特徴です。 こういった点は、エージェントは通常開示しませんので、技術翻訳を依頼する場合には、初めは小さ目の仕事を依頼してみたり、試しに訳してみてもらって、その出来を見て継続的に依頼するかどうかを決めるのが賢明です。 また、技術翻訳で生計を立てている人の中には、一人事務所の形で仕事を受けている人も、他の分野に比べると多い傾向があります。 したがって、技術翻訳が定期的に発生する場合などには、色々な翻訳者を使ってみて、出来や納期、コストパフォーマンスの面で納得の行く翻訳者を見つけると良いでしょう。